つばめのおうちTOPページへ
フレーベル恩物特集
前のページに戻る

フレーベル恩物特集 「恩物」に歴史あり

フレーベル恩物特集 「恩物」に歴史あり 大正時代の恩物恩物は、「幼児教育の父」フレーベルによって1838年に考案されました。以来、教育遊具として世界中の子どもたちを支えてきました。

1908年(明治41年)に店名をフレーベル館と改めた当初より、恩物を製作。構成は、現在と違っていました。構成や素材を再考し、技術の進歩による変遷を遂げ、現在の形になっています。

遊びが関連しながら発展できる 1960年代の恩物 現在の恩物

「ぴったり合う」ということで、自分で発見できるように「さあ、わたしたちの子どもに生きようではないか!」と訳されているフレーベルの有名な言葉です。「子どもの発達段階に即した子どもらしい生活をたいせつに」、「おとなが子どもの視点に立って、子どもと心をつなぎ、ともに社会を作っていこう」という二つの意味が込められています。ここにフレーベルの幼児教育に対する基本的な考えが凝縮されています。子どもたちと遊ぶフレーベル

「ぴったり合う」ということで、自分で発見できるように フレーベルは、世界最初の幼稚園の開設、そして教育遊具「恩物」の創案など、幼児教育の発展に先駆的な役割を果たしました。こうした偉大な業績によって「幼児教育の父」と呼ばれています。
フレーベルが1839年に開設した「幼児、児童のための作業教育所」は、後に「キンダーガルテン」と名付けられ、現在は、「国立ハイデクスブルグ博物館分館」となっています。
子どもたちと遊ぶフレーベルフリードリヒ・W・フレーベル
(ドイツ、1782〜1852)

遊びが関連しながら発展できる 国立ハイデクスブルグ博物館分館 シュワイナーにあるフレーベルの墓碑。
球・円柱・立方体の第二恩物の形をしています。
楽しみながら、発見できる教具。フレーベル恩物はこちらです。

第一恩物第一恩物

第二恩物第二恩物

第三恩物第三恩物

第四恩物第四恩物

第五恩物第五恩物

第六恩物第六恩物

第七恩物第七恩物

第八恩物第八恩物

第九恩物第九恩物

第十恩物第十恩物


このページのTOPへ

前のページへ戻る








商品のご案内 お買いもの 会員サービス つばめのおうちは、株式会社フレーベル館が運営する公式オンラインショップです。
- つばめFamily ご家庭向けラインナップ
- おしごとつばめ 主にお仕事でご利用の方向け
- ご利用ガイド
- よくある質問
- 新規会員登録
- 会員情報修正
- ログイン/ログアウト
- 注文照会
- ポイント照会
ベビ―/ギフト
誕生日/ギフト
アンパンマン
恩物
教材/ワーク
おもちゃ/ゲーム
月刊誌バックナンバー
FDS製品
子ども部屋/トイレ
視聴覚用品/楽器
新学期用品
先生向け
キンダーブック月刊誌バックナンバー 保育ナビ・幼児の教育バックナンバーはこちら 会社紹介  |   個人情報保護ポリシー  |  特定商取引法表示  |  お問い合わせ
サイト内の画像、写真、動画、文章等の無断でのコピー、複製、転載を禁止します。
COPYRIGHT ©フレーベルオンラインショップ つばめのおうち All Rights Reserved.
フレーベル館のその他のサイト おうちでキンダーブック
  つばめのおうちの姉妹サイト。
  フレーベル館の月刊誌の定期購読のサイトです。
フレーベル館コーポレートサイト 
  株式会社フレーベル館のサイトです。
キンダーネット
  保育園様・幼稚園様向けに毎月月刊誌情報を
  お届けしています。
株式会社フレーベル館 オンラインショップ公式facebook